星の村で地域活性化を 阿智村がJTBと連携協定

南信州経済

[ 2015年 4月 17日 金曜日 13時43分 ]

 阿智村とJTB中部(松本博社長、名古屋市中区)は15日、観光に関する連携協定を調印した。「日本一の星空」の村としての観光地づくりや村のブランド力向上だけでなく、地域活性化や環境保護など幅広い分野で連携を深めていく。

 JTBグループは地方自治体と連携協定を結んで、交流文化事業による地域活性化を図る活動を展開している。JTB中部での地方自治体との連携協定締結は今回が初めて。

 同村とJTB中部は以前から連携を続けてきた。星をキーワードにしたスタービレッジ阿智誘客促進協議会では2012年の開始当初から携わり、「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」を共同で開発。これまでに全国から約6万人の観光客が訪れるようになった。

 地域通貨「スターコイン」やご当地検定「スターマイスター検定」など星空をテーマにした事業展開を行い、観光だけでなく幅広い分野で村内の活性化を図っている。

 今回の協定は、継続的な観光振興や環境保護活動などを行い、星の村として魅力的な観光まちづくり、地域ブランドの構築を目指して締結。▽魅力ある観光地づくり▽阿智村のブランド力の向上▽観光による地域経済活性化▽環境保護▽その他、地域社会の活性化・住民サービスの向上―の5分野で連携していく。

 熊谷村長は「小さな村だが年間120万人の観光客が訪れる。連携して互いに知恵を出し合いながら、星の村を発信していきたい」と語り、JTB中部の高木浩営業部長は「星の村を一過性のものでなく継続的なものにしたい。地域との共感、交流を増やし、阿智村のファンを増やしたい」と語った。

 ナイトは11日に春シーズンがスタート。満月の日には天体望遠鏡で月面観察のイベント、マウンテンロッジ内にプラネタリウムで宇宙空間を演出するなど新たな企画を加え、顧客満足度の向上を図る。観光だけでなく、農商工業などの他産業や地域づくりへも星に関連した事業も展開していく方針だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48

新たな迂回路が通行可能に

4月29日木曜日13:34

「ルミナコイド」活用し商品化

4月28日水曜日15:34

すずり形鉄板を開発

4月28日水曜日15:12

ワクチン接種始まる

4月27日火曜日15:56

新市議に当選証書付与

4月27日火曜日15:25

天龍中で早くもプール開き

4月27日火曜日15:56










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞