星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

南信州経済

[ 2018年 12月 11日 火曜日 15時14分 ]

阿智で始まった冬のナイトツアー

 阿智村のスタービレッジ阿智誘客促進協議会による冬のナイトツアー「天空の楽園ウインターナイトツアーSTARS by NAKED」が10日、智里のヘブンスそのはらで始まった。「星降るイルミネーション」をテーマに、天然の星空とプロジェクションマッピングの融合を図った。

 冬のナイトツアーは、閑散傾向にあった昼神温泉郷の冬の誘客対策として2016年にスタート。初年度は星空観賞をメインに、次年度はプロジェクションマッピングを拡充してエンターテイメント性を増した。

 3年目の今年は、原点に回帰で実際に見る星空をメインに戻し、プロジェクションマッピングやプラネタリウムなどの人工の星空は、より洗練しながらも気持ちを高める導入部分に位置付けた。

 入口からの星々がきらめく回廊を抜けると360度をプロジェクションマッピングが彩る中央の空間へ。周囲には、阿智村の星空を再現したプラネタリウムドーム、セラミックボールによる足湯体験、太陽系の惑星に触れるエリアなどが配置された。

 星空観賞エリアでは、ロッキングチェアでゆったりと天然の星空を眺めることができ、ガイドによる本格的な星座解説が行われる。

 初日は晴天に恵まれ、カシオペア座やぺガスス座などの秋の星座、アンドロメダ座やペルセウス座、プレアデス星団、おうし座などを観賞。北極星の探し方から秋冬の代表的な星、アンドロメダにまつわる神話などを聞きながらじっくりと夜空を眺めた。

 上伊那郡飯島町から訪れた男性(26)は「初めて来たが、少し山に入っただけでこんなに星空が見えるなんて驚いた。近くなのでまた来たい」と話した。

 スタービレッジ阿智誘客促進協議会の白澤裕次副会長は「冬のナイトツアーを通じ、オールシーズンで星空を楽しめる観光地を実現させたい」と話していた。

 3月31日まで。時間は午後7~10時。入場料は大人2200円、子ども1000円。氷点下になるため防寒対策をして参加する。問い合わせはヘブンスそのはら(電話0265・44・2311)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから






NEW!南信州新聞社特別ツアーのご案内











スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞