昼神と天龍峡  観光地間連携に向けて女性が交流会

南信州経済

[ 2010年 10月 18日 月曜日 15時09分 ]

 阿智村昼神温泉郷の旅館・ホテルのおかみでつくる「おかみ会」(滝沢志津子会長)と、天龍峡(飯田市)の旅館、観光関連業、農園などの女性で組織する「昭和乙女の会」(北原郁会長)は15日、昼神温泉ガイドセンターで交流会を開き、地域間連携に向けて19人が親ぼくを深めた。

 三遠南信自動車道飯喬道路1工区の開通で昼神温泉郷と天龍峡が近くなり、旅行者の行き来が増えていることから「南信州地域を観光地として盛り上げるため、定期的な情報交換や観光に関する勉強を重ねて互いを知ろう」と開催。おかみ会が天龍峡に出向いた9月の交流会に続いて開き、乙女の会の13人をおかみ会の6人が迎えた。

 この日は昼神の現状と市場拡大に向けた取り組みを、温泉郷全体の宣伝活動と経営戦略にあたる第三セクター「昼神温泉エリアサポート」(昼神温泉観光局)の担当者から聞いたほか、自己紹介を通して個々の思いを聞いた。

 おかみ会の一人は「これまであまり交流がなく天龍峡のことをよく知らなかったけれど、これからは連携が必要。滞在客に天龍峡や秘境駅を案内して『もう1回行きたい』と思ってもらうには、まず私たちが仲良くなり、双方の魅力や特徴をよく知る必要がある。互いに行き来しながら情報を共有し合いたい」と話していた。

 昭和乙女の会のメンバーは「昼神の皆さんから、天龍峡ならではの魅力を教えてもらい、身近に感じた。近い所でお客さんの行き来があるのはいいこと。年内にもう一度交流し、徐々に深めていきたい」と期待を語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞