暑さの中にも秋の訪れ、早生種の稲刈り始まる

南信州経済

[ 2010年 9月 6日 月曜日 16時03分 ]

 連日厳しい残暑が続く中、飯田下伊那地方でも各地で稲刈りが始まっている。4日、飯田市上殿岡の兼業農家方の田んぼ(17アール)でも、朝の涼しい時間帯を見計らい稲刈りが行われた。稲刈り機で黄金色の稲穂が刈り取られる姿は、厳しい暑さの中でも、秋の訪れを感じさせた。

 同方によると、収穫期は例年通り。早生のコシヒカリのため収穫は早めという。過去に経験がないほどの暑い夏となったことし、気になる作柄は「不安がある」との答え。枯れてしまった穂が例年以上にあるほか、穂の垂れ具合や色づきに、かなりのばらつきが見られるという。同方では5月上旬の田植え以降、比較的に涼しい気温で推移したが、梅雨明け後、一気に気温が上がったことが影響しているのではないかと分析する。「収量は例年より減りそう」と表情を曇らせた。

 農林水産省関東農政局が発表した「水稲の作柄概況」によると、南信地方の出穂期は平年より3日、前年より5日早く、作柄はほぼ平年並みという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞