松川町で食用桜の摘み取りが最盛期

南信州経済

[ 2018年 4月 25日 水曜日 16時07分 ]

生田事業所で集荷している八重桜

 松川町生田地区を中心に栽培されている食用の八重桜「関山」の花の摘み取り作業が最盛期を迎え、JAみなみ信州松川支所の生田事業所に持ち込まれている。

 生田地区で栽培が始まったのは、昭和50年代後半。当時、同地区では小梅の栽培が盛んだったが、需要減による価格の低下などが危ぐされ、新たな特産品を作ろうと導入された。

 現在は同JA管内で生産している約60戸のうち、そのほとんどを同地区で占めており、一部、隣接する豊丘村や飯田市内にも広げている。

 最近の栽培管理は、低樹高化で収穫作業を効率化させていることが特徴。JAによると、施肥管理を徹底し、樹勢維持と安定生産に努め、適期収穫で品質確保と収穫ロス軽減などを図っている。

 全国的に桜の出荷量が減少している影響もあり、加工業者の購入意欲が高く、良質な物は特に人気。1花房5花のうち、2花が中開きまたは蕾の状態のものが最も良い状態として取引されている。

 競合産地の生産者が減っていることもあり、1キロあたり1300円前後の単価で取引されている。

 同地区の生産者の一人、清水亀重さんはことしの桜について「花が霜に当たることもなくきれいにできた」と話していた。

 摘み取り作業は今月末まで続く。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01