果樹リレー、リンゴにバトン 「サンつがる」の選果始まる

南信州経済

[ 2014年 8月 21日 木曜日 12時30分 ]

 JAみなみ信州のいいだ果実選果場=飯田市上郷黒田=で19日、リンゴの早生種「サンつがる」の選果が始まった。6―7月の少雨の影響が心配されたものの、盆前後の降雨で玉伸びが良くなり、高品質なリンゴに仕上がった。

 リンゴの先陣を切るサンつがるは、早生の中では甘みが強く、果汁の多さが人気の品種。台風シーズン前に収穫することができ、リンゴでは一番早く農家の収入になるという経済面と、他の品種に比べ新わい化栽培に適しているという栽培面の理由から、同JAは近年増産に力を入れている。

 初日は、飯田市内の竜峡地区の生産者たちが約650キロを持ち込み、選果員たちがナシと並行して作業。ベルトコンベアに乗せると、光センサー機が外観と内質を分析して等級別に選別した。

 寺沢雅治場長は「ことしのサンつがるは、味、大きさ、色全てが最高の出来です。ぜひ多くの人に食べていただきたい」と話していた。

 同場は昨年比2割増の190トンの出荷を見込み、来月中旬まで関東、中京、関西の3大都市圏向けに出荷し、陽光やシナノスイートなどの中生種にリレーし、主力のふじへとつなぐ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞