果樹園で摘果作業始まる

南信州経済

[ 2020年 5月 13日 水曜日 16時48分 ]

 飯田下伊那各地の果樹園で、摘果作業が始まっている。12日、標高約750メートルにある下條村睦沢の清水隆夫さん(42)方のナシ畑では「南水」を摘果。家族3人で不要な実を摘み取り、傷がなく形の良い果実の成長を促した。

 清水さん方では1972(昭和47)年に果樹栽培をスタート。現在は標高600~750、メートルにある約150アールのほ場でナシやリンゴを栽培している。

 今年の摘果はほぼ例年並みの10日から始め、標高や品種に応じて順次作業を進めている。先月25日の遅霜による被害が若干見られるといい、「収量が落ちるかもしれない」と懸念。今後は災害などの被害を受けることなく順調に生育し、9月下旬の収穫期を無事迎えられるよう願っていた。

 JAみなみ信州営農部によると、今年の果樹の生育は、春先に暖かい日が続き例年よりも早まると見られていたが、4月に入り気温の低い日が続いたことで、ほぼ例年並みに近づいているという。

 また、4月には11、15、25日に霜による被害を確認。「摘果の段階で被害の全容が見えてくる」とし、注視している。

◎写真説明:ナシの摘果作業(下條村)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27

橋南の平和守るのは君

1月9日土曜日13:16

住民意向12日から再調査

1月8日金曜日15:07








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞