栄養とおいしさ満点

南信州経済

[ 2020年 4月 16日 木曜日 15時36分 ]

 平谷村商工会(西川範明会長)は、休校中の小中学生を対象に昼食を提供する緊急支援対策活動「ひらサポ弁」を14日から展開している。希望した児童生徒に向け、飲食業を営む村内の会員6店舗が日替わりでつくっている。

 保護者の負担軽減と小規模事業者の支援につなげる狙いで、休校中の14日から24日までの平日、小中学生36人のうちの希望者に提供する。注文は事前に2週間分を一括で受け付け、毎日約30人分が入っている。弁当1つの予算を500円に設定。村が給食費などとして400円を補助し、1食100円で提供している。

 弁当は保護者が商工会に取りにいくか、商工会の役員や職員、飲食店が各家庭に配達。飲食店は弁当の内容に偏りが出ないようにと、いなり寿司にしたりどんぶりにしたりと工夫を凝らしている。

 保護者からは「子どもたちはどんな弁当が入っているか楽しみにしている」などと好評という。

 西川会長は「突然の提案にも関わらず、多くの飲食業会員が協力して実現できたことに感謝したい。少しでも保護者の方の助けになれば」と話していた。

◎写真説明:栄養たっぷりの「ひらサポ弁」

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     









記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞