桃の主力「あかつき」初出荷

南信州経済

[ 2020年 7月 24日 金曜日 12時21分 ]

 JAみなみ信州は21日、同JA桃の主力品種「あかつき」と「白鳳」の初出荷を行った。同JA営農部によると、7月に入って以来続く長雨による日照不足から、糖度は平年を下回るものの食味の良いものが出ているという。

 この日、飯田市上郷黒田の「いいだ果実選果場」には、あかつき12ケース(1ケース・9キロ)、白鳳4ケース、松川町大島の松川インター選果場にはあかつき9ケースが持ち込まれ、選果作業後、同JA直売所に送られた。

 同JAの中生桃出荷のピークは7月末から8月上旬で、中京の市場をメインに関西や九州、関東へも出荷する。出荷量は約700トンを見込み、このうち約3割の220トンを、ふるさと納税返礼品や同JA農産物総合DMセンターの予約販売が占める。

 同JA営農部桃チーフの原章郎さん(28)は「長雨の影響を心配したが、今日出てきたものはしっかりとした果肉で安心した。糖度や色付きには収穫前の日照時間が大切」と、今後の天候に期待。販売課の松重恵佑さん(28)は「生産者の方は良いものを出そうと懸命に努力していただいている。販売面で少しでも農家所得の向上に貢献できるよう、しっかり売っていく」と話した。

◎写真説明:桃の主力品種「あかつき」の選果作業

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

左岸側から架橋工事へ

12月4日金曜日15:39

大本山本圀寺の貫主に

12月4日金曜日15:00

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞