正月飾り用ナンテンの出荷ピーク

南信州経済

[ 2011年 12月 10日 土曜日 9時34分 ]

 クリスマスの装飾や正月飾りに使うナンテンの出荷が、豊丘村など飯田下伊那地域の産地でピークを迎えている。ことしは開花期となる梅雨期間中に雨が少なかったことから着果量が伸び、「これまでで最高の質」になったと生産者。房や枝に切り分け、年末まで出荷作業を続ける。

 58年前に生産を始め、飯伊にナンテン栽培を広げた豊丘村の武田久さん方でも出荷の最盛期を迎えている。妻と2人、傾斜地に広がる30アールのほ場ではさみをにぎり、たわわに実った真っ赤な房を次々と切り取った。

 標高650メートル。庭木として植えたところ、成長が進み、栽培に適していることを知った。先代の英実さん(故人)と独自に品種改良を進め、堀越の「越」をとった「越錦(コシニシキ)」が完成。周囲に種を配り、自ら生産振興を図ってきた。

 「長いこと携わってきたが、ことしは一番のでき」と武田夫妻。「ナンテンを飾って難を転じ、福を呼び込んでほしい」と口をそろえていた。

 出荷作業は今月下旬まで続け、房と枝の2系統で収穫、出荷する。

 管轄するJAみなみ信州によると、飯伊は岐阜県の郡上八幡市に次ぐ第2の産地で、ことしも名古屋や関西方面を中心に出荷する計画。出荷量は房で昨年の2・35倍にあたる4000ケース(1ケース=5キロ)、枝で6000本増の2万本を予定している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞