泰阜村、ジビエ加工施設が竣工 市町村営は県内初

南信州経済

[ 2017年 6月 9日 金曜日 15時06分 ]

泰阜村田本に完成したジビエ加工施設の竣工式典

 泰阜村は、昨秋から着工していた左京百年公園近くのジビエ加工施設が完成し、9日に現地で竣工式典を開いた。村が同村猟友会(森下操会長)に運営委託し、1日当たり最大5~6頭の解体処理能力。将来的には年間シカ200頭、イノシシ50頭の解体を目指し、質の良い肉処理加工で県内外へ販売展開する方針だ。

 同村田本の旧製材所を取り壊して建設した。木造平屋建ての延べ床面積約65平方メートル。搬入した個体を解体し剥皮・洗浄・内臓摘出する「解体室」や個体を食肉用に加工する「加工室」、適正温度で管理し熟成させる冷蔵室や冷蔵庫が完備される。

 県林務部鳥獣対策・ジビエ振興室の佐藤繁室長によると、同様のジビエ加工施設の竣工は県内で30カ所目となり、市町村営での建設は初めて。銃弾などの金属片が購入していないかを検査する金属探知機の導入は珍しく「より安全安心な加工品の提供を行うことができる」と話す。

 建設費は約3160万円で、うち1140万円を国の2016年度鳥獣害防止総合対策交付金でまかなった。

 同猟友会によると、東京の飲食店など関東・関西方面に販路を見出し、村内外に広く販売していく。会員が当番制で常駐し、加工品を同施設で直接販売することもできる。施設専任でシカの有害獣の皮を利用した商品開発「けもかわプロジェクト」に携わる井野春香さん(29)は「これまで自家処理していた肉を、安心した商品として販売できることに感謝したい」と話した。

 村は品質の信頼性を高めるため、県と信州ジビエ研究会が行う「信州ジビエ認証制度」にも申請する予定。来賓も含め約70人が出席した式典で松島貞治村長は「まずは村内で捕れたシカの50%の有効活用を目指したい」として販路開拓に注力する考えだ。問い合わせは同加工施設(電話0260・25・2311)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15