泰阜村でピール入りゼリー菓子開発

南信州経済

[ 2017年 6月 29日 木曜日 15時09分 ]

002zery

 泰阜村大畑の株式会社ゆず姫(中島スギ子代表取締役)が、温暖な気候の中で栽培された泰阜産の柚子を使用したピール入りゼリー菓子を開発し、7月1日から発売する。29日に南信州地域振興局が開いた「おいしい記者会」で発表した。

 

 同社の人気商品のひとつ「柚子チョコレート」用のピール作りに使用した柚子は、スティック状の周りを切り落としていた。その切り落としを何とか生かせないかと2年半ぐらい前から研究。ピールを作り現在の果汁で仕上げているゼリー菓子にこのピールを入れることにより、なお一層香りを生かしたピール入りゼリーを開発した。

 

 柚子を刻むのに機械を使うと細かくなるが粘りが出たりして食感がなくなる。このため、包丁を使って刻んだピールを入れることによって「食感が全然違う」と中島さん(76)。ゼリーの軟らかさにピールの食感がマッチしている。

 

 包装も柚子の葉っぱをイメージした黄緑色のパーチに包んで見た目に工夫。6個入り850円(税抜)で販売を開始する。販売箇所は、飯田産業センター(上郷別府)多月堂(飯田駅前)福沢商店(天龍峡駅前)。商品の問合わせは、同社中島さん(電話0260・25・2200)まで。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号