泰阜村で中京圏からブルーベリー狩り

南信州経済

[ 2012年 7月 16日 月曜日 13時35分 ]

 泰阜村は、中京圏からの交流人口を増やそうと今月から毎月1回ずつ日帰り体験ツアーを開催する。12日には第1弾としてブルーベリー狩りが行われ、あいにくの雨の中、愛知県などから訪れた約20人が村での収穫を体験した。

 毎月の日帰りツアーは、同村が名古屋駅前メイヨン横丁に設けたサテライトを活用し、中京圏からの交流人口を増やそうと計画。初回は、村出身者でつくる中京やすおか会を通じて呼び掛けたところ、同会の会員や友人ら19人が参加した。

 同村金野の吉岡農園(吉岡清晴代表)を訪れた一行は、大粒のブルーベリーに驚いた様子。紫色に色付いた実を口に入れると「おいしい」と喜んだ。小雨の中でのブルーベリー狩りとなったが「雨でもちょうどいいぐらい」と気にならなかった様子。品種ごとに食べ比べたり、お土産用にパックに詰め込んだりと夢中になって楽しんでいた。

 同農園は観光農園として25アールほどのブルーベリーを栽培するほか、加工品の販売も行う。中京方面からの客が多く、10年以上続けて訪れるリピーターも多いという。

 ブルーベリー狩りを終えた一行は、村役場内に設けられた特産品直売コーナーで村の産物を購入。昼食には左京川百年公園でのバーベキューを楽しみ、最後に近隣町村の温泉施設で汗を流して帰路についた。

 今回を皮切りに毎月1回の日帰りツアーを開催。8月には野菜の収穫体験、9月にはナシの収穫、10月にはキノコ狩り、12月には干し柿とコンニャク作りを計画しており、名古屋サテライトを通じて情報発信をしていく。このほか、23日には村内のトマト・キュウリの生産者がの会員がメイヨン横丁や柳橋ビアガーデンでPR活動を行うほか、19日には名古屋駅で行う県の観光イベントに参加する予定だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

ベトナム男性、飯伊初

6月4日木曜日15:20

元善光寺も1年延期

6月4日木曜日15:49

土産品など購入し応援

6月3日水曜日15:23

「思い出に残る花壇を」

6月3日水曜日15:37

1カ月ぶり歓声「かわいい」

6月2日火曜日15:37

飯伊に希望と元気を

6月2日火曜日15:49

「新しい学校生活」導入し

6月1日月曜日16:13

学生103人が事前登録

6月1日月曜日16:34

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞