湯ったりーな昼神が県の3つ星レストラン

南信州経済

[ 2017年 3月 25日 土曜日 14時59分 ]

001mituboshi

 食育に総合的に取り組んでもらえる食事提供施設を「信州食育発信 3つの星レストラン」として登録する県の制度で、阿智村昼神の同村公営日帰り温泉施設「湯ったりーな昼神」が24日、飯田保健福祉事務所から登録店プレートの交付を受けた。

 同制度は、①野菜や食塩の量など健康づくりに配慮したメニューを提供し、健康づくり情報の発信を行う②県産食材の利用、食文化の継承に取り組んでいる③食べ残しによる生ごみの発生抑制に努めている―の3つの要件を満たす飲食店や宿泊施設などを登録。県ホームページに登録店一覧を掲載し、「長野県魅力発信ブログ」で広報する。飯伊地域では今回9番目の登録となった。

 湯ったりーな昼神が登録を受けたメニューは、その名も「ヘルシー御膳」。郷土の食材の「たっぷりキノコと鮭の南蛮風」「十八穀米の俵むすび」「ブロッコリーのおひたし」「かぼちゃとアーモンドのきんぴら風」「具たくさんのけんちん汁」の内容。昨年12月頃から試作を4回ぐらい重ね、今月からメニュー化、価格900円で提供している。

 レシピを作った村の管理栄養士高橋かすみさんは「健康に気をつけたい人に食べていただくため、野菜をたくさん使った。1日に必要な量(350グラム)の半分以上がこの定食で取れる」とPR。調理にあたった同施設の料理長小島信夫さん(56)は「かみごたえのある食材をたくさん使ったので、十分おなかがふくれる量になっている。満足してもらえる」と太鼓判を押した。

 同施設を経営する一般社団法人阿智開発公社の山内常弘理事長(副村長)は「日帰り入浴施設で温水プールを活用した健康づくりの拠点。ヘルシーな食事を提供し、食育にも力を入れ、村民の健康づくりに役立てたい」と話した。

 今月29、30の両日、初の「健康まつり」(村主催)を開き、村民と水中運動教室参加者を対象に、筋肉量測定とヘルシー御膳をセットで1000円の特別価格で提供する計画もある。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞