火星探査機に多摩川精機製センサ搭載

南信州経済

[ 2012年 8月 11日 土曜日 9時42分 ]

 日本時間の8月6日、火星に着陸成功したNASAの無人探査機「キュリオシティ」に、多摩川精機(萩本範文社長)=飯田市大休=が製造した角度センサ・レゾルバセンサが使用されている。キュリオシティは全長3メートル、重さ900キロの車輪がある移動型探査機。同センサは車体の制御に使用され、重要な位置情報を提供するという。

 同社では、NASAの「Mars Science Laboratory」プログラムに向け、約6年前から計約50台の同センサをアメリカの企業を通じて納めている。同社第1事業所で製造された同センサは、直径約85―120ミリの4種類。センサ部に電子部品を持たず、衝撃、振動、温度など耐環境性に優れているのが特徴。また、放射線の影響も受けにくい。センサの種類としては、構造は違うものの、ハイブリッドカーに使用されているものと同じ分類になるという。

 同社のセンサおよびモータは、1986年に打ち上げられたJAXAのH―Ⅰロケットを皮切りに、国際宇宙ステーション「きぼう」や人工衛星など、日本の航空宇宙プロジェクトを中心に数多く使用されている。同社製品の販売を担う、多摩川精機販売=同市羽場町=の開発営業部マーケティング課長は、「創業以来積み重ねてきた技術が評価され、アメリカが行う大プロジェクトに製品が使用されたことをうれしく思う。火星で活躍してくれることを期待する」と話し、「NASAのホームページでは、キュリオシティが撮影した360度の画像データが公開され、トラブルの報告も出ていない。しっかりと機能していることが分かりほっとした」と笑みを浮かべた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

買い物対策、交流の場に OIDE長姫生が橋北にスーパー開店

10月20日土曜日14:02

リニア注目「参加したい」 下條中で未来を語る会開く

10月20日土曜日14:02

丹精した菊鮮やかに 喬木村伊久間でまつり

10月19日金曜日15:12

遭難男性の遺体発見 キノコ採り中に滑落か

10月19日金曜日15:52

語り継ぐ、繰り返さない 泰阜村で戦没者と開拓犠牲者追悼式

10月18日木曜日15:20

「菊慈童」など朦朧体作品 美博の春草常設展示 28日まで

10月18日木曜日15:30

木格子大屋根を象徴に 飯田市がリニア駅周辺デザイン案

10月17日水曜日15:11

南アルプスが初冠雪 平年より8日早く

10月17日水曜日15:22

リニア中間駅3県で研究会 長野、岐阜、山梨知事が懇談

10月16日火曜日15:52

飯田駅のリンゴ色蘇る 塗り替え作業完了迫る

10月16日火曜日15:27

レスリング選手にハンガー贈呈 天龍中が五輪応援プロジェクトで

10月15日月曜日15:05

キノコ採り遭難事故急増 飯田署が注意喚起

10月15日月曜日15:11

松川町 候補地「断念」、取り下げへ リニアガイドウェイ計画で

10月13日土曜日14:01

かぶちゃん農園関連2社が破産 ファームと信州乳業

10月13日土曜日13:52

戦後73年・伝える記憶5 一木大佐通じて平和考えて 関口さんが検証本出版

10月13日土曜日13:14