火星探査機に多摩川精機製センサ搭載

南信州経済

[ 2012年 8月 11日 土曜日 9時42分 ]

 日本時間の8月6日、火星に着陸成功したNASAの無人探査機「キュリオシティ」に、多摩川精機(萩本範文社長)=飯田市大休=が製造した角度センサ・レゾルバセンサが使用されている。キュリオシティは全長3メートル、重さ900キロの車輪がある移動型探査機。同センサは車体の制御に使用され、重要な位置情報を提供するという。

 同社では、NASAの「Mars Science Laboratory」プログラムに向け、約6年前から計約50台の同センサをアメリカの企業を通じて納めている。同社第1事業所で製造された同センサは、直径約85―120ミリの4種類。センサ部に電子部品を持たず、衝撃、振動、温度など耐環境性に優れているのが特徴。また、放射線の影響も受けにくい。センサの種類としては、構造は違うものの、ハイブリッドカーに使用されているものと同じ分類になるという。

 同社のセンサおよびモータは、1986年に打ち上げられたJAXAのH―Ⅰロケットを皮切りに、国際宇宙ステーション「きぼう」や人工衛星など、日本の航空宇宙プロジェクトを中心に数多く使用されている。同社製品の販売を担う、多摩川精機販売=同市羽場町=の開発営業部マーケティング課長は、「創業以来積み重ねてきた技術が評価され、アメリカが行う大プロジェクトに製品が使用されたことをうれしく思う。火星で活躍してくれることを期待する」と話し、「NASAのホームページでは、キュリオシティが撮影した360度の画像データが公開され、トラブルの報告も出ていない。しっかりと機能していることが分かりほっとした」と笑みを浮かべた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15

「来場して幸せな気分に」 22日にザ・ファイナル2018

7月7日土曜日14:47

飯田市内1121世帯に避難勧告

7月6日金曜日15:55

飯田で子ヤギのセリ市を開催

7月6日金曜日15:24