熟成して「美魔女」に 赤根大根の6代目焼酎販売 阿智村清内路

南信州経済

[ 2017年 7月 8日 土曜日 14時16分 ]

発売された美魔女あかね

  阿智村清内路の伝統野菜、赤根大根で造り、熟成した6代目の焼酎「美魔女あかね」のお披露目会が7日夜、清内路公民館であった。七夕にちなみ、77人が集まって午後7時7分に777本を発売。樽(たる)の香りと赤根大根特有の風味が組み合わさった味わいを楽しんだ。

 住民らでつくるあかね焼酎委員会が、ことしも「焼酎学校」と銘打って開催。ほお葉ずしなど地元産の野菜を使った伝統料理とともに味わった。

 焼酎づくりは、清内路村時代の2005年、村長だった櫻井久江さん(68)の発案でスタート。赤根大根の生産振興を狙ったもので、喜久水酒造の協力で「あかねちゃん」のラベルで販売した。

 その後、熟成に合わせて「大人になったあかねちゃん」「熟女あかね」と名を変え、昨年は「魔女」に。熊谷秀樹阿智村長が昨夏、来村した小泉進次郎衆院議員に紹介したところ、「美魔女にしたら」とアドバイスを受けたことをきっかけに新たな名ができた。

 お披露目会で櫻井さんは「信じられないことだが、これまで2万3000本余が売れている」と喜びを表現。「原点にあるのは、清内路を何とかしようと願う人たちの熱意やつながり。大切にしたい」と話した。

 “校長”でマスターソムリエの高野豊さん=長野市=は「個性がはっきりして他にない味」と太鼓判。「12年間にわたって集まり、続けていることも素晴らしい」と“学校”を評価した。

 アルコール度数は38度。さわやかな味わいが特徴といい、カクテルにも合うという。

 焼酎の販売は6代目の美魔女で一区切り。今後は、あかねちゃんとのブレンドによるリキュール造りを探るという。

 美魔女あかねは1本720ミリリットルで2580円。清内路地区内の商店で販売されている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい学校生活」導入し

6月1日月曜日16:13

学生103人が事前登録

6月1日月曜日16:34

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞