特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

南信州経済

[ 2018年 12月 8日 土曜日 14時09分 ]

冬期ギフトの箱詰め作業を進めるおあがりて連の会員ら

 「阿南の手作りをお届けします」。阿南町で手作り加工品を手掛けるグループ「おあがりて連」(金子聰子代表)の「南信州あなん便冬期ギフト」の出荷作業が始まった。毎週金曜日に発送作業を行い、来年1月末まで注文を受け付ける。7日は町内の信州あなんトータルマーケティング(信州アトム)に会員らが集い、受け付けた17セット分の箱詰め作業をした。

 同会は2005年から2年間実施された農村女性起業家講座の参加メンバーを中心に07年に結成。阿南町制施行50周年を記念して、会員各自が手掛ける町の特産品をひとまとめにした贈答セットの販売を始めた。

 現在は、30~60代の6人で構成する会員らが生産した特産品の詰め合わせセットを「あなん便」として県内外に出荷販売している。

 今年は台風の影響を受け、目玉商品の一つ「アマゴの姿焼き」が十分な数を準備できなかったものの、五平餅や刺し身コンニャク、ゆずみそ、切り餅、あまご山椒しぐれなど8品をそろえた「冬のぬくもりセット」は税込み4000円で提供している。

 完熟の天然ハチミツとざらりとした穀物感の全粒麦、ユズやイチジクなどの有機乾燥果実をふんだんに使った菓子「あなんのみつち」が新商品に加わり、単品17品で注文を受け付けている。

 金子さん(78)は「地域の原材料を生かしたいという思いで始まった取り組みも高齢化が進んでいる。何とか継続して活性化につなげたい」と思いを話す。

 毎週火曜日に締め切り、金曜日に発送する。詳しい問い合わせは受付・販売の信州アトム(電話0260・31・1300)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

情感たっぷり6団体出演 三遠南信の歌舞伎交流 下條村

12月17日月曜日14:51

金メダリストの金藤さんと交流 中学生の手紙きっかけに ISC高森

12月17日月曜日14:38

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09