竜峡小梅の出荷が本格化

南信州経済

[ 2018年 5月 23日 水曜日 15時01分 ]

竜峡小梅を出荷する生産者

 飯田下伊那地域の特産「竜峡小梅」の出荷が本格化し、生産者らが豊丘村のJAみなみ信州総合集荷販売センターに運び込んでいる。本年度は前年度実績を約20トン上回る273トンの出荷を見込んでいる。

 営農部販売課によると今年の初出荷は13日。3月中下旬の気温上昇で、昨年より10日ほど早くなった。果実の生育は順調で、今月下旬にもピークを迎えるという。

 飯伊はかつて国内有数の小梅の産地として知られ、2000年ごろまでは年間約2000トンを出荷していた。

 海外産の流入などによる価格暴落と生産者の高齢化、担い手不足により、出荷量が減少。13年ごろまで400トンを維持してきたが、老木化なども進んでさらに減っている。

 同村で竜峡小梅を栽培する平晋さん(75)は「今年は数量も多く、質の高い梅ができた。収穫時期が短いので天候が心配だが、頑張って収穫したい」と語った。

 同課の遠山実担当は「地元特産の小梅を大勢に食べてもらえるよう、消費宣伝や梅漬け講習会などにも力を入れたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53

治部坂高原色付き始める

10月13日火曜日14:39

増設の上郷でも始まる

10月13日火曜日14:29

秋の曙月庵を彩ろう

10月12日月曜日12:05

継続か刷新か争点に

10月12日月曜日12:06








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞