肉の鈴木屋 3種類のジンギス新商品

南信州経済

[ 2015年 2月 27日 金曜日 11時09分 ]

 未年に仕掛けている飯田市南信濃和田の「肉の鈴木屋」(鈴木理代表取締役)が26日、3種類の新商品「復刻版ジンギス」「カレー味ジンギス」「国産肉ジンギス」を発売すると下伊那地方事務所主催の「おいしい記者会」で発表した。

 スーパーで通常出回っている同社のジンギス「スタンダード」は羊の足の肉を使い、「ハイグレード」は背の肉を使っている。1980年代から90年代にかけて「スタンダード」は羊1頭分丸ごと使い、「ハイグレード」はなかった。その代わりに後ろ足の腿肉を使った「レッグ」があった。

 ことしの未年を記念して復活することにしたのがこの「レッグ」で、商品名を「こだわり銀印」と付けた。1月7日に発売し、インターネットで購入できる。価格は690円(税込み)。

 前回の未年には、塩ダレの味付マトン「塩ジン」とみそだれの「みそジン」を発売したが、ことしは特製カレー味の味付マトン「カレー味ジンギス」を3月2日に発売する。インターネットで購入できる。価格は780円(同)。

 4月29日(羊肉の日)には、南信州産の羊を使用した「国産肉ジンギス」を発売する。インターネットで購入できる。価格は1000円(同)。

 羊肉の脂身は沸騰点が高く、人の体温では溶けにくいヘルシー肉として近年、中国で需要が急上昇し高価な肉となっている。鈴木社長は「羊とヤギとウサギを地元で生産してもらえればうちで売るので、地場産業の復活につながる」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞