諏訪版と合冊で観光クーポン発行

南信州経済

[ 2011年 12月 29日 木曜日 17時38分 ]

 飯田観光協会と阿智村観光協会でつくる南信州観光連携プロジェクト会議は、温泉の無料入浴や割引などのサービスが受けられる有料冊子「物味湯産手形(ものみゆざんクーポン)」の次回発行分から、同じ形式の諏訪版を発行している諏訪地方観光連盟と連携し、1冊にする。伊那市と木曽町も加えて南信を網羅することで魅力を高め、回遊と利用の増加につなげたい考えだ。

 クーポンが利用できる入浴施設は、南信州版の最新号が飯伊と木曽谷、上伊那、大町市に諏訪地方の一部を加えた23施設、諏訪版は諏訪圏域の18施設。合冊となり、伊那と木曽町も加わることで、入浴できる施設は50以上になる見込み。

 割引サービスは南信州版が250、諏訪版が150あり、関係者は400以上にはなると見ている。発行時期は来年3月初旬、料金はこれまでと同額の1000円とする予定だ。

 クーポンの初版は昼神温泉観光局が発行し、昨年の信州デスティネーションキャンペーンをきっかけにエリアを拡大。諏訪版は南信州版の内容と名称を踏襲し、今夏発行した。

 発行元の昼神温泉観光局では「連携してより多くのお客さんにアピールしていきたいという目的が一致し、1冊にまとめることになった。利用者にとって魅力のある商品が増え、エリアが拡大することで回遊が促進されるはず。最終的には全県版を目指したい」と話している。

 有効期限は1年間。問い合わせは昼神温泉観光局(電話0265・43・3001)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞