豊丘のマシュマロ最優秀賞

南信州経済

[ 2015年 11月 5日 木曜日 9時42分 ]

 豊丘村の農家の女性らでつくるNPO法人「加工組合かあちゃんの店」が提供する商品「むぎゅっと山葡萄マシュマロ」が、第25回信州の味コンクール(県など主催)の商品加工の部(菓子)で最優秀賞に選ばれた。マシュマロは村内産のヤマブドウを加工し、独特の酸味が楽しめる。

 かあちゃんの店は、1年半ほど前にUターンした元パティシエで同村の果樹農家の男性(27)にヤマブドウを取り入れた新商品の開発を依頼。ことし3月に完成し、店舗では薄紫のマシュマロを2センチ角に切り、テトラ型の袋に40グラム入れて販売している。

 村内では農業技術者連絡協議会が中心になって遊休農地を活用してヤマブドウを栽培し、ジュースやワインに加工する取り組みがある。マシュマロはその年に収穫されたヤマブドウを原料に使うため、販売は10月から4月までの期間限定となっている。

 開発に携わった地域おこし協力隊の女性(30)は「苦労した分、喜びも大きい」と笑み。NPO理事長の菅沼栄美子さん(71)は「豊丘産のヤマブドウを広く知ってもらおうと取り組んできたことが評価され、大変うれしい。村民に愛される商品になってほしい」と話していた。

 2000(平成12)年、農家女性83人の出資により「豊丘村農産物加工組合」が発足。交流センターだいちの西側にある施設を拠点に、無添加にこだわった加工品の製造を始めた。活動の幅が広がるにつれて施設が手狭になり、神稲の商業ゾーン「たむらんど」内に2つ目の加工施設兼常設店舗「かあちゃんの店」をオープン。昨年4月にNPO化している。

 マシュマロは1袋150円(税込み)。問い合わせはかあちゃんの店(電話0265・34・3300)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞