豊丘村、ヤマブドウワイン12日解禁 酸味と甘みが調和

南信州経済

[ 2016年 11月 8日 火曜日 16時34分 ]

解禁するヤマブドウワイン

 遊休農地の再生を図る豊丘村農業技術者連絡協議会は村産のヤマブドウを原料にした赤ワイン「艶~とよおかいろ~」を造り、12、13の両日に村役場一帯で開催される「第29回とよおかまつり」に合わせて解禁する。

 ジュースやワインの製造会社「信州ましのワイン」(松川町)に製造を委託、村内3農家で昨年収穫されたヤマブドウ約1900キロを使い、祭りでは500本を用意する。

 ワイン造りは6年目。より多くの人に気軽に楽しんでもらおうと、今年は瓶のサイズを720ミリリットルから500ミリリットルに変更し、販売価格も下げた。村担当課によると、酸味と甘みの調和がとれた仕上がりで毎年好評。

 同連絡協は遊休地や遊休棚対策の一環でヤマブドウに注目し、ワイン加工によってブランド化を図る。3農家の栽培面積は約50アールで、サンカクヅルとヤマ・ソービニオンの2種類を栽培している。

 艶は1本1500円(税込み)。ワインの販売は村内限定で、祭り以降はいとう商店、松尾酒舗、毛涯商店、櫛原商店、NPOだいちの5カ所で扱う予定。予約も可能で、問い合わせは村産業建設課(電話0265・35・9056)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25

飯田市がコロナ対策第4弾を発表

7月30日木曜日15:39

海辺の青い鳥飯田で

7月29日水曜日15:33








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞