豊丘村で3種類の芳香剤を発売

南信州経済

[ 2015年 4月 10日 金曜日 9時44分 ]

 豊丘村の地域おこし協力隊が、村内の花畑をイメージした室内用の芳香剤「結香花(ゆいこうか)」を作った。香りは3種類。結香花の名前には「香りが人と地域を結んでほしい」といった願いを込めた。10日から村内のNPO法人だいちなどで販売を始めた。

 村はシャクヤク園、アイリス園、野田平のこぶしで知られ、村担当課によると、花の観光シーズンには約3000人が訪れる。花を見に訪れた人たちに、自宅に帰っても村のことを思い出してもらおうと初めて企画した。

 香りは「シャクヤク園」「アイリス園」「野田平のこぶし」の3種類あり、調香師が3カ所の風景をイメージして作った。このうちシャクヤク園は「やわらかく甘いフローラルの香りの中に、吹き抜ける風のようなグリーンのさわやかさを感じる、どこか日本的な香り」に仕上げた。

 縦6・5センチ、横5センチのスクエア瓶には90ミリリットルのジェルを詰めた。ジェルは植物から抽出したエッセンシャルオイルを染み込ませた。また一帯の風景写真や花言葉、観光スポットなどを載せたカードを添えた。

 村地域おこし協力隊の女性(29)は「豊丘村の知名度はまだまだ低く、一度訪れただけでは忘れられてしまう。自宅に置いてもらい、思い出すことで再び訪れるきっかけになればうれしい」と話した。

 1瓶500円(税込み)。NPOだいちの他、アイリス園やシャクヤク園でも開園中は購入できる。問い合わせは村産業建設課(電話0265・35・9056)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

高温で良質な竹炭を

1月28日木曜日15:53

不満の声「市政に反映を」

1月28日木曜日15:30

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞