豊丘村のモモ狩り観光始まる

南信州経済

[ 2011年 7月 19日 火曜日 8時28分 ]

 豊丘村のモモ狩り観光は16日、栽培農家2戸で受け入れを始めた。初日は中京方面を中心に多くの親子連れらが訪れ、夏の味覚を楽しんだ。9月上旬まで。

 同村交流センター「だいち」が企画し、9年目。モモ園で収穫を楽しんだ後、だいちで別途用意された試食用のモモを食べ放題で味わえる。

 同村河野の竜東一貫道路沿いにある胡桃沢健さん(73)方では、60アールで約80本栽培している。早生から晩生まで計12品種あり、うち早生種「日川白鳳」が盛り。濃いピンクに色付き、胡桃沢さんは「甘みも十分。例年に比べて3~4日遅い生育だが出来はいい」と自信の表情を見せる。

 木の間隔を十分に確保したことによって日の当たりもよく、胡桃沢さんは「晴天が続けば続くほど甘みが増す。下伊那で1番といわれるおいしい桃はいかが」と来園を呼び掛けている。

 モモ狩りは食べ放題。1200円、1300円などのコースがあり、1200円コースは2個、1300円コースは3個まで収穫体験もできる。要予約。第2、4水曜は休み。問い合わせ、申し込みは同センター(電話0265・34・2520)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25

飯田市がコロナ対策第4弾を発表

7月30日木曜日15:39

海辺の青い鳥飯田で

7月29日水曜日15:33








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞