購入希望3万人超える

南信州経済

[ 2020年 7月 23日 木曜日 13時49分 ]

 新型コロナウイルスの影響で冷え込んだ消費を喚起する飯田市のプレミアム付き商品券について、購入希望者が3万人を上回ったことが22日、分かった。事務を担う飯田商工会議所の原勉会頭が22日の市コロナ緊急経済対策本部会議で明らかにした。報告によると、応募は約3万1500人。

 1人1冊で市内在住者が購入の対象となり、3万冊の販売を計画した。

 市と飯田商議所は申し込み多数の場合は抽選としていたが、この日の会議では、経済団体側から地域経済を回すためにも3万を超えた分についても販売できるよう求める声があり、市側は補正予算での対応を含めて検討するとした。

 原会頭は「地域経済の回復に対する市民の関心の高さがうかがえ大変ありがたい」と話した。

 引き渡しの期日、場所などを記載した返信はがきについては27日から順次郵送する予定。

 引き換えは8月3日から12日まで。エス・バード、飯田文化会館、市役所、鼎文化センターの4カ所が商品券との交換所となる。夏場のコロナ対策として、場所や期日を指定した上で交換してもらう。有効期間は8月13~12月31日。

 プレミアム付き商品券は1000円券の15枚つづりで、1冊1万5000円分の商品券を1万円で販売する。プレミア率は過去最大の50%。

 加盟店で利用できる「共通券」と、地元の中小加盟店専用の「専用券」の2種類あり、共通券5枚、専用券10枚のセットになっている。専用券は市外に本社があり、売り場面積が1000平方メートルを超える大型店では使えない。

 22日現在で、870事業者の計1031店舗で利用できる見通し。

◎写真説明:プレミアム付き商品券をPRするポスター

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25

飯田市がコロナ対策第4弾を発表

7月30日木曜日15:39

海辺の青い鳥飯田で

7月29日水曜日15:33

ホオズキの出荷始まる

7月29日水曜日15:57

大島の孤立状態解消

7月28日火曜日15:52

豪雨被災地を支援

7月28日火曜日15:53

元気と笑顔のある村に

7月27日月曜日16:32








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞