配合変え、ラベルも一新 ヤマブドウワイン11日解禁 豊丘村

南信州経済

[ 2017年 11月 8日 水曜日 15時53分 ]

解禁となるヤマブドウワイン

 遊休農地の再生を図る「豊丘村農業技術者連絡協議会」は村産のヤマブドウを原料にした赤ワインを造り、11、12の両日に村役場一帯で開催される「第30回とよおかまつり」に合わせて解禁する。

 ジュースやワインの製造会社「信州ましのワイン」(松川町)に製造を委託、村内3農家で昨年収穫された2種類のヤマブドウを使った。

 ワイン造りは7年目。より糖度の高いものに―と今年は2種類の配合を変え、ラベルとボトルサイズも一新。商品名はヤマブドウの古名にちなんだ造語「evicazra(エヴィカズラ)」に改め、ラベルは白地にヤマブドウのイラストをあしらったシンプルなデザインを採用した。

 村担当課によると、酸味と甘みの調和がとれた仕上がりで、解禁日を楽しみにしている人も多い。「豊丘産のヤマブドウを100%使用したワインを堪能して」とPRしている。

 同連絡協は遊休地や遊休棚対策の一環でヤマブドウに注目し、ワイン加工によってブランド化を図る。3農家の栽培面積は約50アールで、サンカクヅルとヤマ・ソービニオンの2種類を栽培する。

 ボトルは750ミリリットル(2000円)、375ミリリットル(1200円)の2種類ある。問い合わせは村産業建設課(電話0265・35・9056)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新しい種まき悪から守る

4月10日金曜日15:42

「天仁の杜」ハナモモ見頃

4月10日金曜日15:59

桜の下で勇壮に舞う

4月9日木曜日15:31

飯田市教委が小中学校臨時休校を発表

4月9日木曜日15:06

地元産の安全な野菜を

4月8日水曜日17:35

テイクアウト情報を発信

4月8日水曜日17:31

阿智村昼神温泉郷のハナモモが見ごろ

4月7日火曜日16:11

現新の前哨戦 熱帯び始め

4月7日火曜日16:09

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞