野菜ソムリエが南信州視察、連携による効果期待

南信州経済

[ 2010年 8月 27日 金曜日 12時22分 ]

 日本野菜ソムリエ協会に所属する名古屋市などの野菜ソムリエ5人が25日、自治体パートナー制度の締結を進める南信州広域連合との関係を深めようと副連合長の吉川達郎豊丘村長を訪ねた。

 南信州広域連合は今月12日、日本野菜ソムリエ協会が進めている「野菜ソムリエ自治体パートナー制度」に申請した。登録されると、各地域の青果など特産物に関する情報発信をはじめ、地域振興などを目的とした各種活動で優先的に協会の取り組みや会員との連携を図れる。関係者によると、近く登録されるという。

 締結を前に、名古屋市の野菜ソムリエ、服部佳世子さんら5人が飯田下伊那を視察。山本のズッキーニ畑や豊丘のブドウ園のほか、上村下栗で伝統的に栽培しているジャガイモ「下栗イモ」を見た。

 豊丘村役場を訪れた服部さんは「この地域は自然が豊かな上に農産物も豊富で素晴らしい。パートナー関係を深めたい」とあいさつ。野菜の消費拡大につなげることなどを目的とした野菜ソムリエの活動も紹介した。吉川村長は歓迎の言葉を述べ、連携によって南信州産の農産物が広くPRされることに期待した。

 連携活動の第1弾として、飯田市で栽培される高糖度のピーマン「ガブリエル」を用いたソムリエ要請講座が9月9日に名古屋市内で開かれる。服部さんやJAみなみ信州職員が講師を務める予定で、名古屋市覚王山に開設しているアンテナショップ「南信州ファームプロダクツマーケット」も協力する。

 

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞