阿南町でサマーギフト発送作業

南信州経済

[ 2013年 6月 24日 月曜日 9時14分 ]

 阿南町の加工品を詰め合わせたサマーギフト「あなん便」の発送作業が21日、始まった。加工所の女性らでつくる「祭り街道おあがりて連」(金子聰子代表)による恒例の取り組み。ことしは単品の取り扱いで、新野のトマト加工品も加わった。

 あなん便は毎年、中元や歳暮のシーズンにあわせて実施。飯田下伊那から都会の親戚や知人への贈答などのほか、山里の恵みを味わおうと自家用にも利用されている。

 消費者の反応を受けて年々少しずつ商品も改良を加えてきた。金子さんは「ふるさとの味を伝えていきたい。田舎のおばあちゃんたちが頑張っているからと、食べる人が元気になってもらえたら」と話していた。

 セットは2種類があり、いずれも3000円(送料別)。Aセットは▽五平餅▽アマゴの甘露煮▽さしみこんにゃく▽かつお梅▽唐辛子みそ―。Bセットは▽五平餅▽アマゴの姿焼き▽かつお梅▽発芽玄米パン▽さしみこんにゃく▽干しシイタケスライス―となっている。

 単品注文では今回から新たに、トマトを加工したジュース、ジャム、ソース、ケチャップが加わった。単品はセット内のもののほか▽アマゴの山椒しぐれ▽アマゴの一夜干し▽どんこシイタケ▽梅干し(中梅)▽ゆず味噌▽ゆずはちみつ―を扱う。

 単品は2500円以上から注文を受け付ける。合計金額3500円未満の場合、別途箱代(300円)が必要。問い合わせは、信州アトム(電話0260・31・1300、FAX0260・22・2600、Eメールinfo@ananbin.com)まで。

  

関連の注目記事

powered by weblio