阿南町の冬季ギフトセット出荷開始

南信州経済

[ 2017年 12月 2日 土曜日 13時26分 ]

001anan

 阿南町内の7軒の生産者らでつくる加工品生産グループ「祭り街道おあがりて連」が行う町内の特産品を詰め合わせた「あなん便」冬季ギフトセットの出荷作業が本格化している。1日は9月に竣工したばかりの信州あなんトータルマーケティング(信州アトム)の新事務所に会員が集い、24セットの箱詰め作業に励んだ。

 中元や歳暮向けに町内から遠方への贈答のほか、関東や中京方面で暮らす同町出身者ら向けに行う恒例の事業。五平餅やアマゴの姿焼き、ゆずみそ、切り餅などを詰めた2800円と5000円の「山里のめぐみ味わいセット」を中心に提供している。

 梅加工所を営む同村西條の関内佐代子さん(74)は甘酸っぱさがおいしい小梅漬け「甘えっこ」を新商品として追加。元同町地域おこし協力隊の尾崎真理子さん(36)=同町北條=は、協力隊時代から開発に取り組んできた中梅漬けを初出品し「おいしいものを目指して、まだまだ試行錯誤していきたい」と話した。

 毎週火曜まで受け付け、金曜日に発送する。最終発送は来年1月26日。問い合わせ、申し込みは信州アトム(電話0260・31・1300)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞