阿智ナイトツアーに本格的プラネタリウム

南信州経済

[ 2016年 8月 20日 土曜日 14時50分 ]

ナイトツアー330

 阿智村の「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」(主催・スタービレッジ阿智誘客促進協議会)で、会場内に大平技研(大平貴弘社長)によるスーパープラネタリウム「メガスターⅡ」が設置された。別室には宇宙船をイメージしたデジタルアートのインスタレーションも設けられており、気象条件で星空が見えない日でも星や宇宙を体験できるようになった。

 メガスターは、大平社長が個人開発で生み出した新世代プラネタリウム。従来のプラネタリウムは天の川をぼんやりとした雲のように表現していたが、メガスターでは一つ一つの恒星でリアルな天の川を再現している。

 設置されたメガスターⅡは、2005年に「世界で最も先進的なプラネタリウム」としてギネスワールドレコーズに認定された機種の後継機。1000万個の恒星を投影しており天井から壁面、床まで部屋中を満天の星々で彩っている。

 同ナイトツアーでは、大平技研と協力し昨年は「メガスターJr.」、今春から「メガスタークラス」という超小型プラネタリウムを設けてきた。ナイトツアーがますます盛況となり「遠くから足を運んだ人に曇天や雨天でも星を楽しんでもらいたい」という阿智側の願いと「本来のメーン機種で本格的なプラネタリウムを見せたい」という同社との思いが強まり、設置が決まった。今月12日から一般に公開している。

 プラネタリウムに併せて、宇宙インスタレーションの部屋も設けられた。実際の建物の窓枠をスクリーンに見立てており、迫り来る惑星や流れていく星々を映像や音楽で表現。まるで宇宙船の中から宇宙を感覚に陥る空間になっている。

 10月15日の本年度シーズン終了まで設置する予定。ナイトツアーのイベント開始前や終了後の待ち時間などに自由に立ち寄って楽しむことができる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞