阿智村 星空ナイトツアー始まる 音声と映像で星解説

南信州経済

[ 2018年 4月 17日 火曜日 15時09分 ]

星空を待ち望む観光客

 阿智村スタービレッジ阿智誘客促進協議会による「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」が14日から始まった。初日は荒れた天候だったものの、翌15日には満天の星空が広がり、全国から訪れた観光客を楽しませた。

 今年は「サウンド・オブ・スターズ」を副題にし音をテーマに設定。イベントプログラムの30分間、夜空を見上げながらガイドによる解説を行う。

 プログラム中には心地よい音楽が流れ、建物壁面には解説中の星座などを投影し、より詳しく星空を学べるようになった。映像や音楽のパターンは複数用意しており、天候や見える星によって対応したガイドやプログラムが楽しめる。

 15日は、若年層のカップルや年配のバスツアー客などが会場を埋め尽くした。厚い霧に覆われた天候だったものの、プログラム開始時に夜空が晴れ渡り、歓声とともに満天の星空が浮かび上がった。

 東京都青梅市からバスツアーで訪れた夫婦は「満天の星空が見られてうれしい。昼間に見たハナモモも見事だった」と喜んでいた。

 ゴンドラ上りは午後6時半、プログラム開始は同8時から。高校生以上2200円、小中学生1000円。春のシーズンは5月20日まで。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)