阿智村、冬の星空題材にジュエリー開発

南信州経済

[ 2016年 12月 23日 金曜日 14時59分 ]

「冬のダイヤモンド」の宙ジュエリー

 阿智村の阿智☆昼神観光局は、天体望遠鏡メーカー、ビクセン(埼玉県所沢市)と冬の星空を題材にしたジュエリーを共同開発した。智里のヘブンスそのはらで開催中の天空の楽園ウインターナイトツアー会場のみで販売している。

 ビクセンと阿智村は連携協定を締結し、これまでも「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」と連携した星座盤やLEDコンパスなどを開発してきた。今回は、星座や天体をデザインした「宙(そら)ジュエリー」ブランドの阿智村限定商品。企画段階から阿智☆昼神観光局スタッフと念入りに打ち合わせを進めてきた。

 限定「宙ジュエリー」は、オリオン座のリゲルを中心とした冬の1等星をつなげた冬の夜空を代表する「冬のダイヤモンド」と、地球から見られる惑星と雪の結晶をデザインした「惑星・雪の結晶」の2種類。価格は税込み2700円で、各種類とも300個を限定販売している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号