阿智村で招待制ツアー「星旅」開く

南信州経済

[ 2019年 9月 2日 月曜日 15時15分 ]

 阿智村のスタービレッジ阿智誘客促進協議会は映像制作などを行う「ネイキッド」(東京都)と共同で、公共交通機関を使い同村に向かうことを条件とした招待制ツアー「星旅~Route★47~」を行った。8月31日には全国47都道府県から47組94人が村に集結。1泊2日の日程で日本一の星空や昼神の温泉を堪能した。

 「日本一」を掲げる星空や昼神温泉郷などの観光地があり、全国的にも知名度が高まっている同村だが、遠方の県からは「村への行き方が分からない」などの声が阿智昼神観光局などに寄せられていた。

 ツアーは、参加者に各都道府県から阿智村までのルートを示してもらい、公共交通機関のみで訪れることができることをアピールしようと企画した。主催者が往復の交通費や宿泊費、飲食代などの旅費を負担する条件として、参加者らは各県庁舎前から公共交通のみを利用して移動。利用した駅や空港などを写真に撮り、指定のハッシュタグ「#47都道府県から阿智村へ」をつけてSNSに投稿した。

  ◇   ◇

 31日は午後1時過ぎ、神奈川県からの参加者が温泉郷内の「阿智ベース」に到着したのを皮切りに、午後6時までに47組が無事村に到着。日が暮れると浪合地区の浪合パークに会場を移し、夜空の下、焼き肉パーティーをした。

 それぞれの鉄板を3組ずつで囲み、道中の出来事を語り合いながら参加者同士が交流。五平餅や信州そば、ジビエなどの郷土料理も振舞われ、会話に花を咲かせながら舌鼓を打った。食事が終わる頃には空にかかった雲も晴れ、満天の星空観賞を楽しんだ。ツアー発案者の1人、ネイキッドの酒井杏奈さん(28)は「参加してくれた皆さんが先導者・道標になるよう星旅と名付けた。ツアーをきっかけに多くの人が村を訪れてくれれば」と期待を寄せた。

 インスタグラムの指定タグには観光中の様子も含め、2日間で約240件の投稿があった。今後、観光局では投稿写真や参加者が利用したルートを公式サイトに掲載し、村へのアクセス案内などに利用していくという。

◎写真説明:浪合パークでは焼き肉と満天の星空を堪能

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞