阿智村昼神温泉郷内で花桃饅頭発売

南信州経済

[ 2011年 3月 30日 水曜日 9時25分 ]

 阿智村の第三セクター「昼神温泉エリアサポート」(木下昭彦社長)は、春の同村を彩るハナモモをイメージした「花桃饅頭(まんじゅう)」を4月1日から、昼神温泉郷内で発売する。「はなもも祭り」の期間中は月川温泉郷周辺のイベント会場などでも販売する。

 4月中下旬から5月中旬にかけて咲くハナモモの人気は高いが、関連商品がなかったことから、飯田市内の和菓子店とともに商品化。パッケージのデザインは公募で決め、県内外から寄せられた36点の応募の中から、ハナモモのイラストをあしらい、落ち着いた雰囲気に仕上げたものを選んだ。

 まんじゅうは白とピンクの2種類があり、花びらが幾重にも重なった様子を表現。白は桜の葉を練り込んだピンク色のあん、ピンクはこしあんを使っている。

 6個入りは800円、10個入りは1200円。「お土産に買ってもらうことで、この地を訪れていない人にもハナモモと温泉郷の魅力を知ってもらえたら」と話している。問い合わせは同社(電話0265・43・4656)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい学校生活」導入し

6月1日月曜日16:13

学生103人が事前登録

6月1日月曜日16:34

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞