阿智精機が共同でセンサー開発

南信州経済

[ 2016年 9月 7日 水曜日 15時44分 ]

002ゆるみセンサー

 阿智村駒場の阿智精機(熊谷雄一社長)は、荷締めベルトのゆるみセンサー「ユルサー・バイフォー」を県工業技術センター環境・情報部門(松本市)と共同開発した。13日から16日にかけて東京ビッグサイトで開かれる国際物流総合展に出展し、来春以降の商品化を目指す。

 輸送車の荷物を固定する荷締めベルトに取り付け、ベルトのゆるみを伝えるセンサー。荷室や荷台に取り付けたベルトの緩み具合を運転席にいながら確認することができる。

 ゆるみセンサーは運転席側の受信機に対し4台まで同時に接続でき、ベルトの状態を「良好」「要点検」「緊急確認」の3段階で知らせる。センサーは、ベルトを締めて電源を入れるだけで無線接続される。アルミパネルバンなど電波を通しにくい荷室内からも確実に通信できるよう経路や周波数を工夫した。

 県の研究開発型企業育成事業で工業技術総合センターと共同開発したことで、企画から研究開発、試作、特許出願、デザインまで幅広い支援を受けた。国際物流総合展で代理店の募集を行い、10月から運送会社での実証試験で完成度を高めていく。

 熊谷社長は「企画から製品化までの一連の流れを経験できたことは大きい。今後の自社開発に生かしていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

桜の下で勇壮に舞う

4月9日木曜日15:31

飯田市教委が小中学校臨時休校を発表

4月9日木曜日15:06

地元産の安全な野菜を

4月8日水曜日17:35

テイクアウト情報を発信

4月8日水曜日17:31

阿智村昼神温泉郷のハナモモが見ごろ

4月7日火曜日16:11

現新の前哨戦 熱帯び始め

4月7日火曜日16:09

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞