飯伊の輸出関連企業、円高「影響あり」52%

南信州経済

[ 2010年 9月 24日 金曜日 15時47分 ]

 最近の円高を受け、下伊那地方事務所が飯田下伊那地域にある輸出に関連する製造業21社を対象に実施した調査で、約半数が「円高の影響が出ている」と答え、多くが海外への生産シフトや原材料の海外調達などの対策を検討していることが分かった。21日に同地事所が飯田市内で開いた飯伊地域円高対策連絡会議で明らかにした。

 調査は今月13―15日に、飯伊にある電気機械15社、食品3社、プラスチック2社、そのほか1社の計21社を対象に行った。「円高の影響が出ている」としたのは52%に当たる11社で、主な内容は▽為替差益による収益減▽売上金を円換金できない▽海外工場の日本からの部品調達費が上昇―などだった。

 現在の円高水準が半年程度継続した場合では「影響がある」の回答が76%の16社に上り、懸念事項として▽客先からのコストダウン要請▽他社との価格競争▽国内景気の低迷による消費者の購買力の低下―などが挙げられた。

 現在行っている円高対策は「なし」の回答が15社を占めたが、残りはすでに円建取引や原価削減、販売価格への転嫁などを実施している。今後行う予定では「なし」は4社に減少。検討する対策(複数回答)として、海外生産シフト、原材料の海外調達、新商品開発、業務管理費削減などが目立った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58

春告げるフクジュソウ

2月14日金曜日15:39

カンザクラが春を告げる

2月13日木曜日15:43

ザゼンソウ開花し春の訪れ

2月13日木曜日15:42

おき渡り1年の幸福祈願

2月12日水曜日15:04

モモさん題材のオペレッタも

2月12日水曜日15:54

無病息災願い事の神送る

2月11日火曜日13:28

初のチョウザメ料理コンに11品

2月11日火曜日13:18

代田氏大会の精選に言及

2月8日土曜日14:31

やりたいことの実現を

2月8日土曜日14:25

来年度事業に住民も意見

2月7日金曜日16:15

リニア27年開業「確実に」

2月7日金曜日16:22

域内消費増やし継承を

2月6日木曜日15:47








記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞