飯伊地場産業センターが導入した9検査機器の説明会開く

南信州経済

[ 2010年 4月 28日 水曜日 8時15分 ]

 飯田市上郷別府の飯伊地場産業センターは26日、同センター内の検査施設である工業技術センター、EMCセンターに新規導入、更新した最新鋭の9機器について、地元製造業者などを対象に実演を含めた説明会を開いた。

 同技術センターには4つの新機種を含む計6機種を導入・更新したほか、EMCセンターは3機種を更新。導入費用は国や市の補助金などを含め計6600万円。

 同技術センターに新規導入した蛍光X線元素分析装置は、固体、液体、粉体の微量金属元素分析が可能なほか、鋼材、ステンレス、非鉄などの材質判定が可能。ベリウムからウランまでの元素が分析でき、精度も非常に高い。

 また原子吸光光度計システムは溶液中の微量金属元素の濃度を定量分析することができ、マイクロ波試料前処理装置はマイクロ波により固体等を前処理してから分析ができる性状にすることができる。GC/MS・ATDシステムは、大量のガス成分を一度に自動で分析することが可能だ。

 この日は飯田下伊那地域の製造業16社から約30人が参加して、実際に導入された装置に触れながら説明を聞いた。涌井正浩同技術センター長は「高精度の機器を理解してもらい、自社製品、開発など用途に応じて幅広く活用してもらいたい」と話していた。

 更新機器は次の通り。

 工業技術センター▽走査電子顕微鏡、X線元素分析装置▽自動硬度試験システム

 EMCセンター▽スペクトラムアナライザー▽FTB試験システム▽GHz帯高周波パワーアンプシステム。

  

関連の注目記事

powered by weblio