飯伊農業振興協議会が下伊那・伝統野菜フェア開く

南信州経済

[ 2011年 8月 2日 火曜日 9時50分 ]

 飯伊農業振興協議会主催の「下伊那・伝統野菜フェア」が29日、飯田市鼎東鼎のJAみなみ信州みどりの広場で開かれた。飯田下伊那の各地で受け継がれてきた伝統野菜のうち、旬の10種類ほどを生産者らが販売、展示。調理例の紹介や試食も通じて、地域住民らの興味を誘った。

 県は2006年度に「信州の伝統野菜」の認定制度を創設。これまでに59種類を認定し、そのうち飯伊は18種類を占める。フェアは地域住民に地元の伝統野菜をより深く知ってもらおうと、3年連続で企画している。

 会場には、天龍村の特産ナスで長さ約30センチ、重さは600グラムほどになる「ていざなす」、飯田市上村下栗の小粒なジャガイモ「下栗芋」、阿南町和合の「鈴ケ沢うり」などが集合。地元内外の買い物客たちが生産者と会話を交わしながら、もの珍しそうに手にしたり、それらの煮浸しや田楽、漬物などを試食したりした。

 夫婦で訪れた同市上郷飯沼の女性(60)は「鈴ケ沢」のナスやウリなどを購入。「珍しいので初めて購入してみた。まずは、おすすめしてくれたように、ナスは煮たりフライにしたり、ウリは塩漬けにしたりして味わいたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞