飯田で子ヤギのセリ市を開催

南信州経済

[ 2018年 7月 6日 金曜日 15時24分 ]

子ヤギのセリ

 JAみなみ信州畜産協議会と同JA、JA全農長野県本部は5日、飯田市大瀬木の三尋石集畜場で「第69回下伊那子山羊市場」を開いた。登録品種の子ヤギを扱う国内唯一の市場とされる。飯田下伊那地域を中心とする農家らが日本ザーネン種の雌雄計43頭を出品し、共進会で審査を受けた。

 飼育技術の向上を図る狙いで、1949年から開いている。

 共進会では、畜産技術協会や県飯田家畜保健衛生所の役職員らが審査員を務め、体格や乳房、生殖器の形質などを審査。阿南町の城田政治さん(72)の雄子ヤギを県知事賞に選んだ。

 城田さんは雌雄の両部門で最高賞を受賞し、県知事賞は2年連続13回目。「素質は高いと思ったが、雄雌両方で受賞できるとは思わなかった」と話した。

 表彰式後に行われたセリには、岩手県から大分県までの購買者20人が参加し、すべてが落札された。

 雌の平均価格(いずれも税込み)は13万2780円で、最高価格は18万6527円。雄は平均4万9709円、最高7万6356円で、いずれも高値だった。

 入賞者は次の皆さん。

 ◇雌の部▽特別優秀賞=城田政治(阿南町)▽優秀賞=川上健吾(下條村)▽優良賞=本多唯夫(豊丘村)、原武茂(阿智村)
 ◇雄の部▽特別優秀賞=城田政治(阿南町)▽優秀賞=関島和人(飯田市)▽優良賞=福田渉(高森町)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34