飯田丘のまちバルのお知らせ

南信州経済

[ 2016年 7月 11日 月曜日 9時45分 ]

丘のまちバル開催へ 「丘の上」と呼ばれる飯田市の中心市街地で、食べ歩きや飲み歩きを楽しんでもらう第1回「飯田丘のまちバル」が8月21日午前11時半から開かれる。参加46店の中から希望の飲食店を巡り、対象メニューを味わえるイベントで、今月19日からチケットを発売。着物(浴衣)参加者への特典だったり、音楽セッションだったりも予定しており、昼夜を通して丘の上に賑わいを呼び込む。

 参加店の店主らでつくる実行委員会(熊谷芳巳委員長)と市中心市街地活性化協会が主催し、南信州新聞社など後援。居酒屋やカフェ、寿司店、焼肉店、バーなど丘の上の多彩な飲食店の魅力を発信し、街中の回遊や商業振興につなげようと初めて試みる。当日は参加店ごとに営業時間は異なるが、店によっては深夜遅くまで営業。普段は夜間のみだが、この日は日中から特別に営業する店もあるという。

 5枚1冊のチケット(前売り3500円、当日4000円)を購入し、1枚ごとに参加各店のバルメニュー(おつまみ)1品とドリンク1杯を楽しめる。2冊購入して10店舗を巡ったり、1冊を仲間や家族で分け合ったりも可能。ノンアルコール類も用意され、親子連れなど幅広い世代や仲間同士で参加できる。

 チケットは7月19日から参加各店のほか、市内の観光案内所などで購入できる。当日は本部(本町1、川本喜八郎人形美術館下)のみで取り扱い、バラ売り(1枚800円)もある。総販売予定数は1500冊分と限りがあるため、なるべく早めの購入を呼び掛けている。

 今後に参加店を紹介するマップ付き冊子を配布。専用のホームページでも店舗情報などを紹介し、当日は店の混み具合や売り切れ状況なども掲載する。SNSでの情報発信も予定する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05

児童の笑い声 校舎に響く

5月18日月曜日16:39

「伝統野菜」地域で守る

5月16日土曜日13:41

緊急対策で第2弾提案へ

5月16日土曜日13:35

トウモロコシの定植始まる

5月15日金曜日15:58








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞