飯田南道路着手へ 国直轄で整備 本年度から計画段階評価

南信州経済

[ 2017年 3月 31日 金曜日 16時43分 ]

飯田南道路の調査中区間事業の流れ

 飯田市北方と山本を結ぶ国道153号飯田南道路(通称飯田南バイパス、延長約5キロ)の事業化に向け、国土交通省中部地方整備局は31日、本年度から計画段階評価の手続きに着手する意向を示した。地方小委員会を設置して意見聴取をしながら、概略ルートと構造を検討する。事業化後は国の直轄で整備する。

  中央道の飯田―飯田山本両IC(インターチェンジ)方面間を結ぶ国道のバイパス。着手後、地方小委員会を設け、地域の意見聴取や複数案の比較検討などを経て概略ルートと構造を検討する。環境影響評価の手順も踏む。

  現道区間は片側2・75メートルの対面道路。1日1・2~1・5万台が往来する幹線道だが、狭あいで、通学路に使われている両側の歩道も幅1メートルと狭い。

  地元は渋滞や交通安全、救急医療活動などの改善とともに、リニア中央新幹線や三遠南信自動車道の計画を踏まえ、企業間連携や観光誘客などへの効果も期待。羽場大瀬木線と飯田バイパス(アップルロード)の交差点と飯田山本ICアクセス道路を結ぶことを想定し、早期整備を求めてきた。

  飯田市の牧野光朗市長は「道路網構想において西部軸に位置付けられる重要な道路。計画段階評価に挙げられたことは事業化に向け、大変喜ばしいこと。今後も整備に向け、市としても努力したい」とコメント。伊賀良まちづくり協議会の橋部秀夫会長は、一部で宅地化が進んでいる状況を踏まえ、「早期のルート提示とリニア開業前の完成を願っている」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

遠山郷でチャレンジマラニック開催

9月25日火曜日15:03

天龍村の平岡ダム近くで慰霊法要

9月25日火曜日15:03

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26