飯田商店街、伝統の初売りに長蛇の列

南信州経済

[ 2017年 1月 4日 水曜日 14時40分 ]

長い列ができた飯田商店街の初売り

 飯田中心市街地商店街伝統の初売りが2日早朝に行われた。早い店舗では午前5時に、多くは6~7時に開店。各店舗前には、先着限定人数の目玉商品や福袋などを目当てにした買い物客らが、氷点下の冷え込みもものともせず、開店前から長い列をつくった。

 

 豚汁やお汁粉などの振る舞いも行われ、体を温めながら開店を待ちわびる買い物客ら。約80人の列の先頭にいた、同市上郷黒田の男性(75)は、午前4時に訪れたといい「飯田の商店街の初売りに来るのは約30年ぶり。ちょっと早く来過ぎたかなとも思うが、一番乗りは気持ちが良い」と笑顔を見せた。

 

 各店舗のシャッターが開き店内から明りがもれ始め、「明けましておめでとうございます」と店員らに迎えられた買い物客らは、お目当ての正月限定商品や格安商品などを買い求め、満足そうな笑みをこぼした。

 

 並んだ店舗で買い物を済ませた後には、商店街を歩き、さまざまな店舗を見て回るなど、昔ながら、商店街ならではの初売りを楽しむ姿が見られた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号