飯田市で販売始まる

南信州経済

[ 2020年 8月 3日 月曜日 16時14分 ]

 飯田市と飯田商工会議所は3日、新型コロナウイルスの影響で冷え込んだ消費を喚起するプレミアム付き商品券の販売を始めた。混雑を避ける狙いで事前に購入希望者を募り、販売の日も10日間に振り分けて指定。販売会場ではマスク着用や列の間隔を2メートル空けて並ぶなど感染対策を徹底した。

 この日はエス・バード(座光寺)が引き渡し会場となり、引き換え購入券を持参した人たちは3密を避けながら商品券を購入。対面した職員もフェイスシールドと手袋を着けて対応した。

 プレミアム商品券を巡っては、予定の3万枚を超える申し込みがあった。市と飯田商議所は当初、申し込み多数の場合は抽選としていたが、経済団体側から地域経済を回すためにも3万を超えた分についても販売できるよう求める声があり、購入希望者全員を当選とする方針を固めた。市は関連の増刷費を補正予算案に盛り、4日開会の市議会臨時会に提出する。

 プレミアム付き商品券は1000円券の15枚つづりで、1冊1万5000円分の商品券を1万円で販売する。プレミア率は過去最大の50%。

 加盟店で利用できる「共通券」と、地元の中小加盟店専用の「専用券」の2種類あり、共通券5枚、専用券10枚のセットになっている。専用券は市外に本社があり、売り場面積が1000平方メートルを超える大型店では使えない。有効期間は8月13~12月31日。

◎写真説明:感染対策を徹底した販売会場

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞