飯田市プレミアム商品券 子育て世帯へ先行販売開始

南信州経済

[ 2015年 6月 9日 火曜日 13時49分 ]

 飯田市プレミアム付商品券の先行販売が8日、子育て世帯を対象に市りんご庁舎(本町)で始まった。市からの購入補助で一般販売より安く、確実に買える優先企画とあって、初日から購入者が相次いだ。先行販売は19日まで(土日含む)の午前9時半~午後3時。一般販売は21日からとなる。

 商品券は飯田商工会議所が発行し、1セットは1000円券12枚つづり。一般販売は1セット1万円、1人2セットまでだが、先行対象となる18歳未満の子ども(4月1日までに誕生)がいる世帯は、市の補助で1セット9000円、子どもの人数分まで購入できる。

 市子育て支援課によると、対象となる子育て世帯は9700世帯、子ども数は1万7400人。購入には市が郵送した補助券が必要で、先行販売期間の1回に限り使用できる。

 8日は午前9時半からの販売開始を前に10組ほどが列をつくった。同課によると、午前は約100世帯へ計180セットほどを販売。このうち、子ども数と同じ3セットを購入した同市上郷黒田のパート女性(36)は「食料品や日用品にも充てられるので(計9000円分のプレミアムは)とてもありがたい」と喜んでいた。

 子育て家庭への購入補助と先行販売は、りんご庁舎内に7月1日にオープンする市こども家庭応援センター「ゆいきっず」のPRも兼ねて実施。会場出口では、飯田まちあるき図鑑「飯田市立動物園編」の動物シールや台紙のプレゼントコーナーなども設けた。

 商品券そのものは地域の消費喚起が狙い。先行分を含め、市内で計2万6000セット販売する。利用期間は21日~9月30日で、市内の飲食店やスーパーなど500店舗以上で使える。一般販売は21日午前10時から、飯田商工会館や自治振興センターなど市内16カ所で行い、売り切れしだい終了する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞