飯田市産業振興審議会が初会合、業種別の課題と方向性を

南信州経済

[ 2010年 8月 26日 木曜日 15時51分 ]

 飯田市産業振興審議会(会長・宮島八束飯田商工会議所会頭、委員24人)は25日、今年度の初会合を市役所で開いた。牧野光朗市長から地域経済活性化プログラム2011の策定に向けて諮問事項の伝達を受け、業種別の事業検討に入った。次回は9月29日に開き、各業界の事例報告と意見交換、08年度の地域経済自立度の確定値報告、全体総括を行い、提言書をまとめる。

 冒頭、牧野市長は「飯田市の産業振興は06年1月に初めて策定した地域経済活性化プログラムを柱にして進めてきている。ことしで5年目を迎えているが、08年9月のリーマンショックや昨今の円高株安で不透明感があり、どう生き残り戦略を図っていくか審議をお願いしたい」とあいさつ。

 宮島会長は「円高株安に加え、雇用情勢も改善しない。二重苦三重苦が全国的な現象となっている。リニア飯田駅や三遠南信自動車道で当地域は将来的には確かに希望の持てる地域だが、今日明日どうするか不安の要素を抱えている。いい提言がまとまるようにしたい」とあいさつした。

 地域経済活性化プログラムは、昨年から緊急経済対策として制度資金の拡充による資金繰り支援や雇用対策事業といった現状への対応に加え、中長期的な視点での戦略展開に力を入れている。この日は、業種別の「中期計画と2011の課題」を各担当課長が説明した後、各業界の現状を踏まえた意見交換を行い、現状分析や今後の事業展開について検討した。

 この中で、委員から「地場産業振興センターに工業課があり業界の内情をつぶさに把握しているので、ツーカーの話ができてありがたい。市役所の中に工業課があったらこうはいかない」「飯田ビジネスネットワーク支援センターによるLED防犯灯の開発で熱が入ってきた。動きが見えてきた。小さい企業がまとまってブランドをつくるやり方は効率がいい」といった意見が出た。

 別の委員は「3年ぐらい前から申し上げてきたが、上海に南信州の商品を販売したり中国人観光客を誘致するための調査活動を行う駐在員をおくことを真剣に検討してもらいたい」と要望。「水引はまだ発展する要素があると言われているが、結納をやらなくなり結婚式も減っている中で、どうやって生き残りを図るか。水引の原点から見直して徐々にやっていく必要がある。密葬は仮にやっておいて本葬をやるが、金のある人しか葬儀ができない風潮を取り除いていきたい。飯田のまちにも水引をいろいろなところに持っていってアイデアが出れば活気が出る」との発言もあった。

 さらに「危機状況を抜けて仕事はあるが、コストダウンにより売上は最盛期の70~80%。昨年、国からものづくり支援を受けたが、長い年月お金が入ってこない。書類もたくさんつくるのが大変だった。もっと楽な方法で支援を」「まちづくりを見てみたいまち、南アルプスの山と水を売り物にできないか」「地域経済活性化プログラムは06年からやってきた実績を掲げているが、実際にどれだけの成果があったのか。あまい成果を書いてある気がする。良かったものは評価し、悪かったものは見直すという評価が明確でない。すべてが構造変化しており、過去の実績をすべて掲げても成果は出ない」といった意見もあった。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53

治部坂高原色付き始める

10月13日火曜日14:39

増設の上郷でも始まる

10月13日火曜日14:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞