飯田観光協会が通常総会

南信州経済

[ 2016年 5月 19日 木曜日 9時10分 ]

 飯田観光協会(中島一夫会長)は17日、本年度の通常総会を飯田市役所で開き、事業計画や予算などを承認した。2027年のリニア中央新幹線の開業を見据えた東京都品川区との交流事業では、小学校単位では初となる交流ツアーを企画。今後に対象校などの詳細を詰めるが、年3回の来訪を予定している。

 両地域の「顔と顔が見える交流」を深め、飯田のファンを多面的に増やしていくための足掛かりに位置付けて企画。8月の「飯田りんごん」、秋の「くだもの狩り」、12月の「遠山の霜月まつり」に合わせての実施を見込む。

 「リニア世代による未来を見据えた“さきがけ”交流」と銘打ち、交流の様子はプロモーション映像として記録し、将来にわたって活用していく。

 同協会と市はリニア開通に伴う将来的な交流人口の増加を目指し、13年度から首都圏へのPR事業を展開している。15年度は品川の商店街での南信州の農産物の直売、品川への親子交流ツアーなどを実施した。

 このほかの事業計画によると、本年度は同協会のホームページを全面的にリニューアルし、時点修正を施したり、発信情報を見やすくしたりする。同協会の本年度予算総額は3470万円。

 プロジェクト事業では、漬物やみそ、凍り豆腐などを食材にした「吉鍋」やリンゴの発泡酒「シードル」の普及振興に取り組む地元団体への協力、17年度に県内開催される「信州デスティネーションキャンペーン」に向けたツアーの造成準備などを盛った。

 総会には、飯田下伊那地域の観光物産や飲食、宿泊業者などの会員178者のうち、委任状を含め125者が出席。事業報告によると、15年度は共に7年目に1度となる元善光寺の御開帳(4月5日~5月31日)で約33万人、飯田お練りまつり(3月25~27日)で約35万人の人手でにぎわった。飯田が撮影地の映画2本も公開された。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24