香港総領事館主催レセプションで南信州食品を出展

南信州経済

[ 2009年 12月 28日 月曜日 10時47分 ]

 飯田市と信州下伊那くだもの直販は今月14日、在香港総領事館主催で現地開催された「天皇誕生日祝賀レセプション」に出展参加し、南信州産食品を展示し来場者に試食提供PRを行った。長野県中国深せん駐在員事務所と八十二銀行香港支店の協力を得て、市田柿や南水、蜜入ふじ、和菓子などを出展した。

 同レセプションは、香港総領事館が主催し毎年行っているもので、ことしは即位20周年も兼ねて香港の政界、経済界の主要人物や文化人、メディア関係者約400人が参加して盛大に開催された。南信州食品はいずれも味に対する評価が高く、すべて完食となった。特に市田柿は、リピート試食が頻繁にあったため、小さく割いて提供した5キロが短時間でなくなる人気だったという。

 関係者によると、来場者からはその場で「まとめて購入したい」「どこに行けば購入できるか」との質問も数多く寄せられ、舌が肥えているといわれる香港人にも南信州食品は充分に受け入れられることが実証された。

 今回のイベントにあわせて、7店舗の売場調査と流通販売事業者との意見交換を行ったが、いずれの店にも日本産果実コーナーが設けられ、他国の果実に比べて高価格で販売されていた。また、南信州の南水(赤梨)や半生菓子の複数の商品が、いずれの店舗でも販売されていた。日本各地からの食品輸出販売競争も激化してきている中で、値ごろ感を出させる商品改善をかけて量を売っていく量販戦略と、質とオリジナリティーを高めて価格を崩さずに売っていく高付加価値販売戦略との使い分けや組み合わせが必要とみている。

 特に後者の戦略をとった場合には、流通販売事業者まかせの輸出販売ではなく、初期段階では特に販促PRフェアを開催しないことには販路開拓が難しいことが、流通販売事業者との意見交換の中で指摘された。

 今回のミッションでも具体的な商談に至り、今後の販売につながったのは、そのようなコンセプトを持った商品であり、店舗での消費者PRをフォローする提案だったと分析している。

 なお、市田柿ブランド推進協議会が推進母体となり、海外での商標登録を進めてきた市田柿が、今月初旬にJAみなみ信州と下伊那園芸農業協同組合の共同出資により、香港での商標登録が実現している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞