香港総領事館主催レセプションで南信州食品を出展

南信州経済

[ 2009年 12月 28日 月曜日 10時47分 ]

 飯田市と信州下伊那くだもの直販は今月14日、在香港総領事館主催で現地開催された「天皇誕生日祝賀レセプション」に出展参加し、南信州産食品を展示し来場者に試食提供PRを行った。長野県中国深せん駐在員事務所と八十二銀行香港支店の協力を得て、市田柿や南水、蜜入ふじ、和菓子などを出展した。

 同レセプションは、香港総領事館が主催し毎年行っているもので、ことしは即位20周年も兼ねて香港の政界、経済界の主要人物や文化人、メディア関係者約400人が参加して盛大に開催された。南信州食品はいずれも味に対する評価が高く、すべて完食となった。特に市田柿は、リピート試食が頻繁にあったため、小さく割いて提供した5キロが短時間でなくなる人気だったという。

 関係者によると、来場者からはその場で「まとめて購入したい」「どこに行けば購入できるか」との質問も数多く寄せられ、舌が肥えているといわれる香港人にも南信州食品は充分に受け入れられることが実証された。

 今回のイベントにあわせて、7店舗の売場調査と流通販売事業者との意見交換を行ったが、いずれの店にも日本産果実コーナーが設けられ、他国の果実に比べて高価格で販売されていた。また、南信州の南水(赤梨)や半生菓子の複数の商品が、いずれの店舗でも販売されていた。日本各地からの食品輸出販売競争も激化してきている中で、値ごろ感を出させる商品改善をかけて量を売っていく量販戦略と、質とオリジナリティーを高めて価格を崩さずに売っていく高付加価値販売戦略との使い分けや組み合わせが必要とみている。

 特に後者の戦略をとった場合には、流通販売事業者まかせの輸出販売ではなく、初期段階では特に販促PRフェアを開催しないことには販路開拓が難しいことが、流通販売事業者との意見交換の中で指摘された。

 今回のミッションでも具体的な商談に至り、今後の販売につながったのは、そのようなコンセプトを持った商品であり、店舗での消費者PRをフォローする提案だったと分析している。

 なお、市田柿ブランド推進協議会が推進母体となり、海外での商標登録を進めてきた市田柿が、今月初旬にJAみなみ信州と下伊那園芸農業協同組合の共同出資により、香港での商標登録が実現している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞