高森町が販売 「柿丸くん」グッズ人気

南信州経済

[ 2013年 6月 21日 金曜日 16時31分 ]

 高森町がストラップなど 高森町は、特産の干し柿「市田柿」をモチーフにした町のキャラクター「柿丸くん」のストラップとクリアファイルを販売している。今月3日から売り出したところ売れ行きは上々といい、町担当課は「町のPRになれば」と期待を寄せる。

 町はPR用として昨年度、県の元気づくり支援金を活用し柿丸くんグッズ4種類を作り、町内外のイベントなどで配布したところ好評だった。そこで、4種類のうち人気の2種類を売り出すことにした。

 クリアファイルはA4サイズで、表には柿丸くんを正面から見た姿、裏面には後ろ姿を描いている。ストラップにはへたを上にした市田柿が顔になった2・5センチの柿丸くんが付いている。

 柿丸くんは、町制施行55周年を記念し製作。顔の部分は特産の干し柿「市田柿」をモチーフにし、山と川を緑と青で表現したという法被を着ている。

 ストラップは2000個、ファイルは2000枚作った。ストラップは300円、ファイルは100円で、町役場や町の日帰り温泉施設「御大の館」などで販売している。町は本年度当初予算に製作費55万円を計上した。

 グッズの問い合わせは町経営企画室(電話0265・35・9441)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞