高森町の観光農園で1日からサクランボ狩り

南信州経済

[ 2016年 6月 1日 水曜日 8時29分 ]

色付いたサクランボ 高森町の観光農園で、1日からサクランボ狩りの受け入れが始まる。観光窓口の町営農支援センターゆうきによると、順調に推移し、平年並みの生育状況。30日まで初夏の味覚を楽しめる。

 牛牧の下村光芳さん方では、直径1・5センチほどに育った赤い実がいくつもなる。33アールのビニールハウスで佐藤錦や紅秀峰を中心に6品種約80本の木を栽培し、14年かけて成熟させた。

 鮮やかに色付いたサクランボの実が鈴なりに実り、「これまでで最高のできかな」と下村さん。大勢の人に楽しんでもらえればと来園を呼び掛けている。

 町内は11戸の果樹農家でサクランボ狩りができる。昨年は期間中、県内外から6400人が訪れた。営農支援センターゆうきでは、ことしは3割増の8000人ほどの来園を見込む。

 サクランボ狩りは30分食べ放題で、小学生以上が2300円、3歳から小学生未満が1200円、3歳未満は無料。予約が必要。問い合わせは町営農支援センターゆうき(電話0265・35・3044)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

多世代が味わえるものに

2月29日土曜日14:28

「飯田城の紅梅」ほころぶ

2月29日土曜日14:12

臨時休校の方針決める

2月28日金曜日16:11

焼肉と音楽で飯田を熱く

2月28日金曜日16:44

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞