龍江今田平のイチゴ狩りオープン

南信州経済

[ 2016年 2月 4日 木曜日 8時35分 ]

 飯田市龍江の農業法人今田平(大平盛男社長)のイチゴ狩りが1日、オープンした。法人スタッフは「例年通りの甘さと大きさ」と太鼓判を押し、県内外から訪れた観光客は赤く熟れたイチゴを味わった。28日に「いちご祭り」を企画している。

 今田平敷地内にある12棟のハウス約3000平方メートルで、食べ応えのある「章姫(あきひめ)」と、甘酸っぱいイチゴ本来の味が楽しめる「紅ほっぺ」の2品種を土耕栽培で育てている。

 ハウスの中は20度近くに保たれ、足元には真っ赤なイチゴがずらりと並ぶ。松本市から長男(1)と一緒に訪れた女性(37)は「飯田でのイチゴ狩りは初めて。甘くて本当においしい」と話していた。

 営業は5月の連休明けとなる8日まで。入園料は4月3日までが小学生以上1600円、同未満1300円。それ以降5月8日までが小学生以上1400円、同未満1000円。いずれも3歳未満は無料。事前の予約が必要。

 28日の「いちご祭り」は豚汁が振舞われるほか、空クジなしの福引を実施。5月中旬には「イチゴジャムフェア」などの体験も予定している。申し込みは同法人(電話0265・27・5020)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25

町の子どもどう育てるか

9月10日木曜日15:08

「実りゆく」をお得に見よう

9月10日木曜日15:00








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞